交通事故で負った後遺障害について弁護士に相談しよう!そのメリットは?

交通事故被害に遭った場合どのように対処すべきなのか

弁護士の効果

それでは、交通事故被害に遭ってしまった場合に、弁護士に依頼することにはどのようなメリットがあるのでしょうか。基本的に交通事故被害にあった時、その損害賠償請求を行う場合の相手となるのは個人というよりは、交通事故を起こした人が加入していた保険会社となります。任意保険に入っていた場合にはその損害賠償の金額を保険会社が払う仕組みになっていることが多いため、その部分を軽減できるような対応をできる人が配備されているためです。個人で保険会社を相手にして、より自分の要求を通すような交渉を行うことは正直言って難しいものです。

天秤場合によっては、保険会社側が個人が相手であれば法律的な知識が十分にはないということを考え、低い金額で示談を持ちかけてくるようなこともあります。このようなことを防ぐための抑止力として機能するのが法律の専門家である弁護士です。

弁護士が付いているということがわかれば、保険会社としても通常よりも低いような金額での示談請求などを行いにくくなります。弁護士は多くの交通事故案件を担当している人も多く、そうでなくとも判例などによってある程度の相場を知っているためです。より適切な示談に持ち込むために弁護士は力を発揮します。また、知らないと損をしてしまう後遺障害の等級認定についてなども詳しく教えてもらうことが可能です。自分が被害にあって負った障害は何級にあたるのか?正当な慰謝料が請求できているのか?こうした内容は個人ですすめるのは非常に難しいはずです。後で後悔しないためにも弁護士を頼ることをオススメします。


≪参考サイト≫
後遺障害(後遺症)とは | 交通事故の慰謝料・弁護士相談ならアディーレ法律事務所

Previous

Next